ASUS ZenBook Flip レビュー


もともとZenBook UX31という薄型の物を使っていたのですが、キーボードが反応しなくなってしまったので修理に出しました。

ASUSは修理の見積もりを出すだけでも最低1万円かかるらしく、秋葉原のヨドバシから出すと検証費用はかかりません。

修理に出したついでに新しいパソコンを見ていたら欲しくなってしまい、結局新しいのを買ってしまいました。

スロット位置が特殊なのが若干面倒ではあります。

正直なところ中身のスペックがアップしてタッチパネルになった以外はそんなに変わったところは無さそうです。

UX31でもノートに求めるスペックは十分だったので今後新しいパソコンで劇的に変わることはしばらく無いと思います。

これ以上のスペックを求めるならそもそもデスクトップを買ったほうが早そうです。

スペックだけならZenBook3がダントツでコスパ最強だと思いますが、キーボードサイズとUSBやHDMIなどのスロットが全て専用アクセサリから繋がなくてはいけないというのが億劫で諦めました。

外で使うのにアダプターを持ち歩かないと何も接続できないのはさすがに不便です。

箱をかけるとこんな感じです。


フィルムを剥がして開けていきます。
何度あけてもワクワクしてしまう。


指紋一切無しのキレイな状態です!

試しに触ってみましたが指紋がついた感じはしない?
携帯よりもキレイに保てそうです。

しかし、タッチパネルになったのが嬉しくてOSUをやりすぎると傷がつきそうです。
フィルムを貼ろうか迷いましたがこの時点で貼らなかったらあまり意味無いかも?

電源ボタンが左側面にあるのが慣れないですが、それ以外は良い感じです。