MG6330の情報が驚くほど少なく、改めて人気の無い機種なんだなと実感しました・・・
CANON PIXUS MG6330 MG6530 MG6730 MG7130 MG7530 iP8730
この辺が同じプリントヘッドを使用しているので、役立つ情報があると思います。

備忘録としてまとめますが、自分と同じように困ってる人の救いになれば幸いです。

 

プリンターには都市伝説のソニータイマーのようなものが実際埋め込まれており「壊れる前に修理に出しなさい」と出てきます。

ちなみに、廃インクエラーが出たまま使っていると近いうちに、起動直後に「修理に出してください」とエラーが出て使えなくなります。

これはインクの残量と同じで「実際にあとどれくらい余裕があるか」ではなく、「何枚印刷したか」を基に予測してエラーを吐くようです。

家庭用プリンターでは大体10,000枚で廃インクエラーを吐くようですが、写真印刷・フチ無し印刷をしているともっと早いかもしれません。

通常はCanon独自のソフトを使用しないと解除できないように設計されていますが、自分で廃インク吸収体を洗って入れなおし、リセットをする事でプリンターが壊れるまで使えます。

廃インクが満タンの状態で、リセットだけして使い続けると、本体からインクが漏れてきますのでお気をつけください!

MG6330分解方法

MG6330のメンテナンスモード(サービスモード)

まず、リセットをするには本体でメンテナンスモード(サービスモード)に入る必要があります。

これがどこにも載っておらず苦戦しました。。。

型番の近い機種MG6130を参考にしました。

http://tvcap.fc2web.com/mg6130/mg6130.html

正直なところ、メンテナンスモードに入れたのはたまたまですので、下記方法が正解なのかは分かりません。

1.ストップボタンを押したまま電源を入れる
(電源は付きませんが、電源ボタンの上の小さな白い電球が付きます)

2.ストップボタンを6回押す
(ストップボタンが赤く光っていれば成功)

3.電源ボタンを離す
(電源ボタンの上の白いライトが光っていればメンテナンスモードに入れています。)

メンテナンスモードで本体は通常の起動はしませんが、パネルが光らないまま作動音がします。

4.有線でPCとプリンターを繋ぐ

 

 Service tool v3400

ここからはパソコンでの作業です。

http://resetters.ru/?showtopic=16305

上記URLから「Service tool v3400.zip」をダウンロードしてください。

下の方にあるので「Ctrl+F」で「Service tool v3400.zip」を検索すると早いです。

ダウンロードできたら起動しましょう!

001

本体がメンテナンスモードに入っていないとグレー表示で何もできません。

ここからは他の機種と一緒です!
必ずメンテナンスモードのプリンターと有線接続した状態で起動してください。

002

メンテナンスモードからもノズルチェックができます。

今まで何枚印刷したのか?

リセット前に今まで何枚印刷したかなど、プリンターの情報を出したいときはPrintの[EEPROM] から印刷できます。

003

私のMG6330は顔料の黒が出ないので印刷できませんでした・・・

型番は6300になっていると思いますが間違いではないです。
Canonの型番は最後の2桁が国番号ですので、日本では30になります。

D=90.5%などの表記があると思いますが、それが廃インクの数値です。

これをリセットすることでエラーが消えます。

「Ink Absorber Counter」のところで0にSETしてあげるとリセット完了です。

その後、本体の電源ボタンで電源を落とし、再度起動すると普通に使えます。

 

おつかれさまでした!